ソファーを選ぶときのポイント

ソファを選ぶときのポイント

ソファとインテリア

肘ありか?肘無しか?
ソファのデザイン 様々なデザインがあるソファですが、まずは肘ありか?肘なし(アームレス)か?を洗濯します。
体を横にできるかできないかの差があります。
肘ありは大きいサイズのものが多いですので、部屋のサイズを良く考えて選びましょう。
肘ありを選ばれた方は、次に肘の高さを選びましょう。
・背もたれと同じ高さの肘
・背もたれより低い肘
この2つは、肘に体をあずけた時の体勢が違います。
肘が低いと「枕」のように使えて、体をよりリラックスすることができます。
ソファの色味 ソファは大きな家具ですので色選びは良く考えて決めましょう。
最近は華やかな色のソファを見かけますが、その色だけがインテリアで浮かないように気をつけましょう。
そのためには、華やかなソファの色と同じ色を、ほかの物にも使っていき、インテリア全体で同じ色が「響き合う」ようにすることが大切になります。
たとえば赤いソファを設置するなら、壁に飾った絵画に同じような赤があるとか、ダイニングのセンターテーブルも赤色のものを使うとかです。
インテリアコーディネイトの基本の色の配色は
『ベース色』『アソート色』『アクセント色』です。
『ベース色』は床の木の色など、部屋の中の大面積のもので、落ち着いた色にします。
『アソート色』は中面積を占める色で、ソファや、カーテン、壁一面に使った色クロスなどで、パステルトーンなど中間色を使うことが多いです。 『アクセント色』は小面積で華やかな色を使うことが多いです。
ソファを華やかな色にすることは『アクセント色』を大きな面積で使った印象になり、さらに部屋の中でその色が響きあうようにすると、インテリア全体が華やかな雰囲気でまとめていくようになると思ってください。
自然で落ち着いたインテリアにするには、ソファの色味は『ベース色』にするのが一般的で『アソート色』にするのは、床の色の明度違い(床が濃い木の色なら、薄い木の色)などにするのがお勧めです。

ソファはクッションを使って楽に座り、インテリアもお洒落になります

ソファは使う人によって心地良い姿勢が違いますが、様々な姿勢を保持するための、補助として便利なのがクッションです。
まだソファ生活が浅い日本では、クッションの無いお宅が多いですが、ソファでゆったりくつろぐための必需品ですし、こんな気持ちの良いものはありませんのでお勧めします。
また、大きなソファに体の小さい人(女性や子供)が使う場合にも、使い方の差を埋めるのがクッションの役割になります。 さらにデザイン面では、クッションの布地は、カーテンと色を合わせたり、飾ってあるタペストリーの色と合わせたりと、インテリアコーディネイトが楽しめます。
『ベース色』『アソート色』『アクセント色』の全ての色使いで、様々なコーディネイトが楽しめますので、是非試してください。

ソファを選ぶ時のポイント

ソファは本来、実際に座って、寝転がって、その心地よさを確認する方がよいです。
また、高い所から腰を落としても、底のフレームにあたる感じが無いか‥柔らかすぎて、動きづらくないか‥座面が低すぎて、立ち上がり難くないか、などチェックします。
でも、近くに家具屋がなくてためしに座れないし‥だから‥ネットで探したい!という人のために、ソファ選び方を考えてみました。
■ ソファのサイズの考え方
ソファのサイズ
ソファの一般的な幅サイズは、人間の幅(60cm)の倍数で作られています。
・2人掛けは120cm〜150cm
・3人掛けは180cm〜200cmくらいです。
奥行きは、日本製ソファで70cm〜90cmですが、米国品は100cmあるものもあります。
欧米人は椅子座生活のため、寝転がれる所がベッドルームだけになってしまいますので、リビングのソファでも体を横にして休めるようにしているから、ソファも大きくなります。
日本の住宅事情から考えると、リビングのサイズで許す限り、大きいものを選択するのが良いででしょう。やはり寝転がれた方が楽です。
ソファの廻りの空間サイズ
ソファ同士のスペースは最低45cmです。ソファは背が低い分、ダイニングなどに比べて間が狭くても大丈夫です。
しかし、ソファ背面側を動線として使う場合は最低85cm必要となります。
さらにリビングボードを置くなどすると、意外とリビングは面積が必要になります。