ダイニングテーズルを選ぶときのポイント

食器棚が映えるダイニングの見せ方

食器棚をインテリアのフォーカルポイントにする

 

食器棚のガラスの中を飾る

ガラス扉の収納を『見せる収納』と言いますが、『飾る収納』と言った方が適切でしょう。
ガラス扉の中を飾る空間に演出するためには、物を沢山積め込まないで、空間に余裕があるサイズの物を選んで飾ります。
食器棚にはガラスの扉がついている物が多いですが…中に何を収納してあるか分かり易くて便利…ということもありますが、ダイニングに置く食器棚ならばガラス扉の中は、あなた好みの食器だけを飾ってください。
ガラス扉の中は狭い空間なので、なるべく同じテイストの食器を飾るように収納します。

食器棚に飾ってある食器で『お も て な し』

大切なお客さんが来た時などは、食器棚に飾ってある食器を取り出して、さりげなく使ったりするとお洒落です! ちょっとしたおもてなしになります。 素敵に飾ってあればあるほど、インテリアは美しく、お客様にも喜ばれます。
飾らない物は『隠す収納』(下の板扉の中の見えない所)に仕舞いますが、ここはぎゅうぎゅうに詰め込んでも良い所です。
ダイニングに置く食器棚は『インテリアの見せ場』ですから、デザインのしっかりしたものを選びたいところです。
ダイニングテーブルと食器棚のテイストを合わす(同じシリーズの家具を選ぶなど)のも一つの見せ方です。
間に合わせの安っぽい食器棚に飾っても、食器も映えて見えませんし、インテリアも美しくなりません。