ダイニングテーズルを選ぶときのポイント

リビングに映える本棚

本棚をインテリアのフォーカルポイントにする

本棚を飾る

リビングに本棚を置いているお宅も多いです。 リビングはお客さんも通す部屋…だから本棚も飾る場所にしてフォーカルポイントにしましょう。 本棚をかっこよく見せるには、すべての棚に本をギッシリ入れないで、何箇所か空いた棚をつくり、そこを飾りのスペースとします。 その空いた空間に物が飾られることで、本棚が美しい気を出し始めます。 注:本棚に奥行があり本の手前に物を飾る空間があっても、そこに飾ってはいけません。
乱雑に見しか見えませんし、使い勝手が悪くなり、奥の本は死蔵して停滞した悪い気が宿ってしまいます。

本箱に飾る物は本と関連のあるものが良い

たとえば、歴史小説が好きな人はその歴史上の人物にまつわる物などです。
また旅行が好きで、旅行関係の本が沢山ある人は、旅で購入した小物などを飾ったりします。
本の内容と飾る物が意味付けられると、あなたの個性が明解になります。
インテリアは住まい手の個性が明確のほうが、何倍も魅了を感じます。

本も美しく見せるため、整理して収納

美しく見せるための3つの整理のポイントを書きます。 1.本の分野を整理:まず、本を探しやすくするため同じ分野の本を、同じ棚に入れます。
2.本の色を整理:同じ色の背表紙を集めて並べ、なるべく一つの棚に別の色が混在しないようにします。
3.本の背の高さを整理:本の高さを高い順に揃えて並べます。
本箱も下半分は扉がついた家具が良いです。
その方が煩雑になりそうな本は、扉の付いた見えない所に仕舞えるからです。
でも…あまり本棚として売っていないですね。システムファニチャー(壁面収納)で組むのが良いでしょう。